お電話:03-3728-0333 ご相談は無料(※短時間でお答え可能な場合)です。

まず「行政書士」って?

そこで例えば、こんな疑問や要望をお持ちの方が居たとして、、

◎マイナンバー制度を迎えるにあたって経営者として必要なことって、、マイナンバーについて

相続が始まったんだけど☞B

◎売り上げが伸びない&又業務を拡大したい、けど、。

◎会社や商売を始めるには?☞A

◎著作権って?☞D 

 

さらに詳しくここ〜http://www.svpcloud.jp/systems/st/contents/01103fye/ 

でも述べている通り、最初の例に対して、

 

A. まず会社を作る際に必要な定款の作成、又、飲食店、風俗営業、建設業、産業廃棄物、不動産業などを始めるにあたって、許認可等の申請書類の作成並びに提出手続き代理⇒1

B.上記以外、相続の相談、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等⇒2

C.B以外、成年後見、ADR(裁判外紛争処理)や(相続以外も相談)などのサービス業務。

D.会社や学校で使用する際の他人の文章や資料について注意する点。又、音楽や絵画、写真などの自分、又は第三者が使用する場合にとっておいた方がいい手続き

〜著作権登録などのサポートをする、又その他知的資産経営報告書の作成や知的資産のコンサルティングも行う、そんな

 

身近な町の法律家です。

 

例えば

1⇒古物商許可申請、飲食営業許可申請、著作権登録申請等。

2⇒遺産分割協議、各種契約書、示談書、離婚協議書、内容証明、会社設立の定款等。

又「事実証明に関する書類」としての各種図面(位置図、案内測量図等)議事録、  会計帳簿等。

 

※実際、許認可は1万種類以上もあると言われているのでここに列挙されていないものでも扱えるものもあります。

※但し、行政書士をはじめ士業と呼ばれる弁護士、司法書士、税理士などにはそれぞれ専門分野があり、行政書士では扱えない業務もありますのでその点はご了承願います。

(場合によっては対応可能な専門家を紹介いたします。)

 

「行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、許認可等の提出書類の作成並びに提出手続き代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。」〜日本行政書士連合会

 

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから